ドローンの活用について

2020年11月06日

当社ホームページをご覧になっていただき有難う御座います。

 

コロナ感染者数の増加が気になる11月初旬ですが、

 

第三波の状況にならないよう祈っています。

 

ヨーロッパエリアで感染者数拡大により夜間外出禁止や

 

ロックダウンといった発令を様子みることなく出されている

 

ように日本も第二の緊急事態宣言を発令してほしいです。

 

政府は専門委員会に責任を押し付けるのではなく、

 

また市民に判断を委ねるのではなくしっかり明確な指示を

 

出してほしいです。

 

 さて本題ですが、ドローンを購入し不動産管理に役立て

 

ようと準備をおこなっています。田舎では比較的制限が

 

少ない為行動しやすいのですが都会はそういきません。

 

日常的に頻繁に利用できるのは訓練もそうですが申請等

 

を安易できるよう慣れなければいけないので少し先にな

 

りそうです。このドローンの利用方法は、配達や映像撮

 

影に利用されていますが農業にも利用されいます。その

 

農業の活用方法でビニールハウスで野菜や果物を栽培し

 

ている農家の悩み事を解決する利用に活躍しています。

 

その内容は、夏場のビニールハウス内の温度は40度

 

以上にもなり野菜や果物が台無しになってしまうそう

 

です。ビニールハウスの温度調整をおこなう為に遮光剤

 

をドローンで散布するということです。実際にこの作業

 

によりビニールハウス内の温度が3~4度低下したので

 

す。

 

天井近くは37.5度で地面は36度になってそうです。

 

他の利用方法ですが、山中の遭難者を捜索する利用です。

 

基本夜間の捜索は二次災害の危険性がある為おこないま

 

せん。よって、明朝もしくは明後日になります。

 

ですが、ドローンを活用することに当日捜索が可能に

 

なるとの事です。どのように捜索するかと云いますと

 

人の体内温度を感知する機能をドローンに搭載すること

 

で夜間でも捜索が可能になるとの事です。また、発見し

 

た場合は、捜索隊をその場所までライトを上空で照らし

 

ながら誘導し現地に到着するとホバリングし遭難者を

 

上空でライトを照らし続ける事ができるのです。

 

捜索者の命を助けられる可能性が高まり、捜索隊の危険

 

性を軽減でき凄い活躍だと思います。この先の災害にも

 

役立てれるように視野を広げ利用価値を高めたいと思い

 

ます。

 

 不動産管理の付加価値を提供するベネフィット