違法建築,改修工事のその後

2020年08月19日

当社のホームページをご覧になっていただき有難う御座います。

 

違法建築の改修工事はその後どうなんでしょうか?

 

1,000人の希望退職を募り黒字化に努力している会社の体制は、

 

相変わらず変化無し!対応していた社員は途中で退職し、

 

引き継ぎの為に新たな社員が転勤で対応する。

 

よく、オーナーが社員の名刺でトランプができるよねと

 

云われるぐらい名刺が多い。(当然退職も)

 

5〇万戸以上の管理物件を現在の社員数では到底無理。

 

委託先の清掃会社も見直しが急務だと思います。

 

日常清掃だけでなく建物の維持管理について教育し、

 

ついでに建物管理の業務もする体制であれば少しは

 

ましになると思います。

 

物件の近くを通った際に管理物件の状態を見ますが

 

相変わらず酷いものです。社員はこれを見てなんとも

 

思わないのでしょうか?賃貸会社がお客様を物件に

 

ご案内した際にどのように思われるのか、

 

またお客様が住みたい!と思うのか。

 

近隣住民の方々が管理状況をどう思っているのか。

 

地域社会に貢献する企業でなけれ淘汰されていきます。

 

今がそうだと思います。

 

大切なオーナーの資産(アパート)管理が出来ていない。

 

痛み放題。社員はこの商品で給料をいただき、会社が成り

 

立っていることを理解しているのでしょうか?

 

お金を稼いでくれる大切な商品をないがしろにし過ぎです。

 

宮〇社長は、まず社員のこういったところの意識改革から

 

すべきだと思います。現場から目を外すとこのようになり

 

立て直しには凄く労力がかかります。この改善に時間を取

 

られ次の取り組み(新商品など)ができずにいる現状。

 

昔のような「ワンルームのパイオニア」や「家具家電付の

 

ワンルーム」などのキーワードが一切ない状況になってい

 

ます。

 

ところで現場のトラブルの際に会社へ連絡すると相談室や

 

資産管理などに繋がる。オーナーとの対応もここの部署が

 

メインになっています。そもそも管理センターがあるに

 

なぜ現場状況を常に把握していない部署が対応するのでし

 

ょうか?ただ、管理部署が対応できるかと云うと???

 

自社で建築請負し管理をしているのに現場状況を把握出来

 

ていない為、電話でのやり取りが出来ない。また、現場に

 

足を運び状況確認をしようとしない!アウトソーシングを

 

する事が悪いわけではないが親会社しっかり把握していな

 

いと委託先にどう思われているのでしょうか?

 

オーナーの先行き不安はこの先も消えないでしょう。

 

違法建築の改修工事も全く進捗せず、国の期限から

 

程遠い状況が続いています。検査してから1年以上経過

 

しても修繕日程が決めれないと連絡があるとの事です。

 

年内の着工も難しい。三期連続で赤字状況になれば9割の

 

未着工物件はどうなるのでしょうか?

 

益々不安が積りオーナーたちの先行きを真剣に考えなけれ

 

ばいけません。

 

オーナー自身が現状を理解し行動しなければ船は沈没します。

 

一人では行動は大変ですが、先行きの問題は皆さん一緒だと

 

思います。足並みを揃えて行動できるオーナーは是非

 

手を取り合って健全なアパート経営が出来る環境を

 

整ていきませんか。

 

     不動産管理会社・事業承継・後見人

     ㈱ベネフィットへ是非ご相談下さい。