違法建築の改修工事の進捗状況について

2020年06月17日

梅雨入りしましたが皆様お元気ですか?

 

当社のホームページをご覧になっていただき有難う御座います。

 

サブリース会社の改修工事が2年経過しても今だ1割しか進捗

 

していない状況の中、社員の早期退職1000人を募ると報告

 

がありました。経営悪化から脱することが出来ない状況の中、

 

修繕を最後まで責任をもって対応していただけるのでしょうか。

 

途中で投げ出さないかオーナーたちは不安でしょう。

 

建物の問題だけで終わればよいのですか、他に問題が無いのか

 

不安です。

 

オーナーよりよく耳にすることがあります、その内容は社員さん

 

に何かをお願いしても、きちっと対応していただける社員さんと

 

まったく対応しない社員さんと二極化になっています。基本中の

 

基本「報連相」がなされない企業体質に問題です。担当者に全て

 

を丸投げすることを止め、企業全体で情報共用をおこない、問題

 

解決にも全社員で取り組む体質に切り替えることにより対応にム

 

ラがなくなります。この社員さんは、良いけど、他の社員は全く

 

ダメと言うことも当然無くなります。この会社の社員にはムラが

 

多すぎる欠点、お客様によって対応を変えることも大きな欠点です。

 

今のオーナーとのご縁が切れ、次の事業承継される次世代の方々と

 

お付合いが今まで通りできれば幸いですね。目先の事にとらわれず、

 

長期経営を重んじ、日頃どのような事を考えお客様とお付合いして

 

いくかを常に共有することが大切です。そのような社員教育に力を

 

入れて改革しなければこの先も同じ事の繰り返しになると思います。

 

       不動産オーナーと二人三脚で経営

        不安を軽減し、経営の勉強も

        ご一緒におこない安心できる

         不動産経営を次の世代へ

           株式会社ベネフィット