分離発注の注意点について

2019年09月01日

 当社のHPをご覧になっていただき有難う御座います。

昨年より土地活用のご相談を受け、無事着工することに

なり一安心と思いきや近隣の方よりご指摘がありました。

内容をお聞きすると「解体」時の対応について色々とト

ラブルがあったとの事です。「解体」は建築会社とは別

で施主手配になっていた為内容の把握が全くできない状

況でした。解体時に色々あったトラブルの対処について

中間状況の報告が逐一出来ておらず近隣の方は凄く不安

になられていたそうです。

 分離発注する際に注意しなければいけない事は、建築

工事前にトラブルがあると尾を引く事になり建築会社の

工事に影響が出る可能性があると云う事です。特に竣工

時期の遅延などに影響すると施主の収益を圧迫する事に

なりえるので慎重に分離発注を検討しなければいけない

と云う事です。

 天候も良く最高の地鎮祭になりました。竣工までの現

場状況および施主対応、竣工後のアフターをしっかりと

建築会社と二人三脚でおこなっていきます。

 

 当社の管理物件の中には築35年以上の建物があります

。時代のニーズに合わなくなっている為、将来を見据え

施主を現場にご案内し立替え検討の材料になればと思い

ます。メーカーの特性も大事ですが、何よりも経営中の

コストパフォーマンスが全てだと思います。賃貸経営を

するのは施主ですが、お金を支払うのは入居者様です。

その事を十分に理解してアパート経営をして下さい。