士業の先生方とベネフィットの関わり

(株)ベネフィットは各士業の先生方と連携を取りながら、

地主様・家主様の問題解決のお手伝いをさせていただいております。

 

  • 税理士

  • 司法書士

  • 弁護士

  • 不動産鑑定士

  • 測量士

  • 家屋調査士

税理士

地主様や家主様が業務依頼している内容を

ご確認すると殆どの方が

年一回の申告業務がメインです。

 

申告時期以外では、「何かあれば連絡する」

程度ですが、このような状況で月いくらかの

顧問料等をお支払いされているそうです。

 

税理士との連携

不動産の顧客が多い税理士ほど沢山の提案をしていただけます。

初歩的な節税の取り組み方法や、毎年お支払いされている税金対策などは

不動産管理をしていることで気付くことや、

不動産経験があるからこそ提案できる方法もあるので、

地主様・家主様が気づかなかった部分を三者間で改善が可能になります。

司法書士

一般的な業務は「登記」ですが、

当社が司法書士へ相談する内容は

不動産の買取や売却などで、

内容が複雑な案件の場合に知恵や知識を

よくお借りします。

司法書士との連携

この内容であれば弁護士かな?と思いきや、実は司法書士といったケースが多く

毎度とても助けていただいております。

通常業務以外にも様々な経験をされておられるので心強いです。

弁護士

弁護士へ業務依頼する内容で多いのは

まず「サブリース経営」です。

 

家賃の減額交渉や管理不十分による建物の破損や書類内容の確認などです。

弁護士との連携

契約内容の変更や金銭的な負担内容でご年配の地主様・家主様お一人では

なかなか判断できず、内容を理解せずに印鑑を押してしまい後で大変なことに

なってしまうケースも…。

 

一方的な押し売り的営業で運営会社は迫ってくることもありますので

弁護士との連携が必要不可欠になってきています。

 

他に、賃貸物件の入居者や近隣トラブル、不動産売買時の権利関係や契約書などについて

ご相談・手助けしていただいております。

不動産鑑定士

御客様より不動産売買のご相談時に

当社だけではなく、セカンドオピニオン

としてアドバイスをいただきます。

不動産鑑定士との連携

また、不動産売買時に不安がある場合は「不動産鑑定書」を

お勧めしています。

 

鑑定書は安くありませんが費用以上の「価値」を発揮してくれます。

(お約束するものでありません。)

測量士

境界確定や境界杭入れなどを

お願いすることがありますが、

隣地との交渉にて土地を触ることが出来ない

ケースがあります。

測量士との連携

当社の案件は比較的難しいケースが多いですが結果をしっかり出して下さり

御客様よりお褒めのお言葉をいただきます。

出来て当たり前の事かもしれませんが境界のやりとりは一筋縄では

いかない場合が多いのです。

家屋調査士

お客様より土地活用や建て替えのお仕事をいただいた際に
家屋調査士へ依頼します。

業務依頼は、既存建物の解体時に近隣建物が

振動によりヒビなど痛めてしまい

トラブルになるケースがありますので

事前に対処するよう建築主へお勧めしています。

家屋調査士の先生との連携